パピヨン専門ブリーダー│パピヨンの夢物語│ドッグショーについて

電話番号
お問い合わせ
携帯番号

ドッグショーについて

ドッグショーとは何か

ドッグショーとは本来純血種の犬の理想的な形、つまりスタンダード
基準を守るためにケネルクラブが推奨している犬の展示会、展覧会です。

トップブリーダーたちがスタンダードに少しでも近づけるように努力して
いる大変きれいで美しいその犬種の最高峰の犬たちがあつまるので
一般の方も参加でき見ているだけでとても楽しいイベントです。

是非ドッグショーに足を運んですばらしい犬とみて、触れ合う機会を設けてください。

ドッグショーでのパピヨンはとても優雅で気品があります。感動すること間違いなしです!!

ドッグショーの目的、使命

ドッグショーは純血種の形を守り後世に伝えていくことです。

JKCが定める、スタンダード図鑑を参照に純血種の知識を高め、
理想の純血種の繁殖、ブリード、育成をしていくことを推奨しております。

パピヨンの理想の骨格なども掲載されております。

われわれブリーダーもこの考えに大賛成でJKCがあったから
今の日本の純血種が守られているといっても過言ではありません。

JKCが日本の犬に果たしてきた役割はとてもおおきなものなのです。

パピヨンを飼育している方でJKCの会員になりたいとご希望される方
は各地域の愛犬クラブに所属することで会員になれます。

愛犬クラブはJKCの支店のような役割をはたしており各地域のドッグショー
を主催することを義務付けており、その結果、地域ごとの純血種も守られている
といえるのではないでしょうか?

ドッグショーの歴史

人類初のドッグショーは1859年のイギリスで開催されたハンティングドッグ
の展覧会であるといわれております。

今でも狩猟犬として活躍している約60頭のポインターとセッターが
出陳され他という記録があります。

日本の歴史も古く1950年、昭和25年に上野公園で全犬種展を開催したのが
始まりだということです

主催はJKCの前の団体名である全日本警備犬協会だったということです(JKC資料によるものです。)

世界2大ドッグショークラフト展

世界2大ドッグショーはイギリスのクラフトショートアメリカのウェストミンスターショーです

イギリスのクラフトショーについてお話します。クラフトとは創設者のチャールズクラフトに
名前を由来しております。

もともと家族は宝石店を経営しておりましたが後は継がず、犬のケーキの販売のベンチャー
ビジネスをはじめました。

1878年にフランスのブリーダーたちに起業家としての手腕をかわれフランスの
展覧会の犬部門でプロモーターをまかされました。

1886年にウェストミンスターのロイヤルアクアリウムでテリア犬のドッグショーを主催、
1891年にはアイリントンにある王室の農園のホールで最初のクラフト展を行いました。

そして今日の名誉ある世界最大のドッグショーに成長しました。

1891年のショーには2437頭の出陳があり36種類の犬が参加しました。

1918年から1920年は戦争のためドッグショーは行われなかったです。

1928年に Best In Show がはじまりました。

最初の BISはグレイハウンドでした。1932年にはじめての女性の所有する犬がBISに輝きました。

1938年にチャールズクラフトが亡くなり彼の妻エマ、クラフトがクラフト展のあとを継ぎました。

1950年にはイギリスのBBCに初めて放映されてそれ以来クラフト展は国民的大イベントに成長したのです。

1961年に出陳頭数が15000頭をはじめて超えました。

1980年にアジリティー部門がくわわりました。

1982年にドッグショーは増え続ける観覧車と出陳頭数のために3日間に延長されて開催される
こととなり1987年には4日に延長されました。

電話:0299-48-2582
携帯:090-2904-5955
E-mail

papillon